MENU

ふるさと納税をするメリット

最近話題になっている「ふるさと納税」ですが、一体どのようなものなのでしょうか?自治体に寄付をして返礼品がもらえるということは知っている人も多いと思いますが、詳しい内容についてはまだ知らない人もいるでしょう。ふるさと納税のメリットを知れば、早速挑戦してみたくなるかもしれません。

 

ふるさと納税で自治体に寄付をすると、所得税・住民税から一定の控除を受けることができます。2,000円以上の寄付金が控除の対象になるので、ふるさと納税でもらった返礼品は、実質2,000円で購入したことになるのです。普通に購入すると高い特産品や電化製品を選べば、お得な買い物をしたことになります。欲しいものがお得に手に入るというのが、ふるさと納税の一番のメリットです。

 

他にも、ふるさと納税の場合には、寄付金の使途を選べるというメリットがあります。使途を選べるかどうかは自治体によって違ってくることもありますが、普通の寄付では使途を指定することはできません。ふるさと納税だからこそ、どの自治体に寄付金をどのように使って欲しいのかという意思を伝えられるのです。自分が好きな自治体・応援したい自治体に気持ちを届けられるのは嬉しいことですね。

ふるさと納税のデメリットとは?

ふるさと納税では、自分が好きな自治体や応援したい自治体に、気軽に寄付金を送ることができます。返礼品がもらえることでも話題で、早速自治体に寄付をしてみたいと思っている人は多いでしょう。ですが、メリットばかりのように感じるふるさと納税にも、いくつかデメリットはあります。メリットとデメリットの両方をよく知ってから、寄付をしましょう。

 

ふるさと納税をすることのデメリットは、確定申告をしないと税金の還付が受けられないことです。国が自動的に税金の還付を行ってくれることはないので、面倒だと感じても確定申告をしなければいけません。高額な寄付をした場合には、特に忘れずに確定申告をしたいですね。また、いくらお得に返礼品がもらえるといっても、控除が受けられるのは2,000円以上の部分だけです。2,000円は戻ってくることがないので、全額戻ってくると勘違いしないように気を付けましょう。

 

賢くふるさと納税を利用するには、このようにデメリットも理解しておく必要があります。初めは少しずつ寄付をしていき、慣れてきたら高額な寄付をして豪華な返礼品をもらってみても良いかもしれません。品物を普通に購入するよりも、ふるさと納税でもらったほうがお得になることが多いですよ。

関連ページ

ふるさと納税には”確定申告”が必要なの!?〜損しないために〜
ふるさと納税についてのカテゴリーです。