MENU

ふるさと納税には確定申告が必要なの!?

ふるさと納税を利用するときに、気を付けたいことがあります。それは、「確定申告」です。

 

ふるさと納税で寄付したお金は、所得税・住民税から控除が受けられます。そのため、2,000円以上に関する部分はほとんど戻ってくると考えても良いでしょう。返礼品としてもらえる品物は実質2,000円で手に入れたことになるため、ふるさと納税は人気の制度となっています。

 

しかし、ふるさと納税でお金を寄付したら、確定申告をしなければならないことを知らない人が多いです。税金の還付を受けるためには、確定申告をしなければなりません。黙っていても国が寄付金を返してくれるということはないので、確定申告の仕方をあらかじめ確認して、損をしないように気を付けましょう。

 

ふるさと納税について詳しく知りたい場合には、総務省のホームページを見てみることをおすすめします。ふるさと納税という制度がどのようにして生まれたのか、ふるさと納税をお得に利用するためにはどうしたら良いのかなど、知りたいことが細かく書かれています。また、ふるさと納税サイトを利用して寄付をしてみても良いかもしれません。インターネットから簡単に寄付の申し込みができたり、クレジットカードで支払えるので便利です。

ふるさと納税で地方の味を堪能する

「地方の美味しい特産品が食べたい!」と思い立って、旅行に行こうかと考えたことがあります。ですが、旅行をすることになると色々とお金がかかりますし、かといって通販で特産品を取り寄せるのも送料や手数料がかかってしまいます。

 

そこで気になったのが「ふるさと納税」です。

 

ふるさと納税とは、自分が選んだ好きな自治体に寄付をして、お礼に地方の特産品などの返礼品をもらえる制度です。どのような返礼品がもらえるかは自治体によって異なりますが、高級な肉や魚・野菜・米など、地方まで出向かなければ手に入れることが難しい特産品が豊富です。しかも、ふるさと納税では所得税・住民税から控除が受けられるので、普通に購入するよりもお得に品物が手に入ります。美味しい特産品を安く手に入れて、自宅で楽しむことができるのです。

 

実際に、ふるさと納税を利用してさまざまな地方の味を楽しんでいる人は多いです。ふるさと納税には限度額があるので、好きなだけ利用するということはできませんが、上手く利用していけば食べたいものや飲みたいものをゲットできるチャンスです。もちろん、自分が生まれ育った地方の自治体にも寄付できるので、納税して懐かしい味を味わうのも良いですね。